孤狼の血ーアイキャッチ

VOD

近年で最も面白い極道映画『孤狼の血』レビュー

2021年2月12日

 

この記事では映画『孤狼の血』について解説しています

 

あらすじ以降に少々ネタバレを含む、解説があり まだ見ていないかたは、

是非作品を見ていただいた後に、もう一度お読みいただければと思います

 

作品情報

 

原作:柚月裕子(ユヅキ ユウコ)著/『孤狼の血』

脚本:池上純哉

監督:白石和彌(シライシ カズヤ)主要作品:凶悪、日本で一番悪い奴らなど

 

主要出演者

 

役所広司:大上章吾

松坂桃李:日岡秀一

真木よう子:高木里佳子

滝藤賢一:嵯峨大輔

音尾琢真:吉田滋

田口トモロヲ:土井秀雄

瀧井銀次:ピエール瀧

石橋蓮司:五十子正平

江口洋介:一ノ瀬守孝

竹野内豊:野崎康介

 

豪華な出演者陣ですね

やっぱり役所広司さんはよかった

なんというかやさしさも怖さも持ってる役者さんで、この先も楽しみですね

作品の中でも子供に話しかけるやさしさと、極悪な怖さをあわせ持っていてよかったです

松坂桃李さんは日本アカデミー賞で助演男優賞をこの作品で受賞

個人的には上の出演者では書いていませんが、記者役の中村獅童さんもよかったです

 

誰だろうこのチンピラっぽいチンピラは?と思ったら、竹野内豊さんでびっくりしました

個人的な感想ですが、このままNo.8くらいの位置を続けていって欲しいですね

なんとなくこの先化けるような予感を感じています

 

孤狼の血はどんな映画なのか?

 

本作は2018年に公開された作品で、配給会社の東映が久しぶりに世に出した、時代背景は80年代の極道・ヤクザ映画です

80年代当時は任侠・極道ジャンルの映画が多くありましたが、最近はまーったくありません

近年で比べるならアウトレイジでしょうか

アウトレイジを「日本刀」と例えるなら、孤狼の血は「金棒」です

 

日本刀にはスパッと切れるキレと美しさがあり、見た目の冷たく怖い印象がありますが、

金棒にはグシャっと潰す怖さに加え、雷様が持っているような、丸っこいやさしさがある印象があります

金属バットって言葉も浮かびましたが、ちょっとちゃちなので孤狼の血には不適切ですね

 

つまり伝えたいことは

日本刀の印象を持ったアウトレイジには

「用意した結末にむかって、淡々と進む。冷たさと美しい潔さ」

金棒の印象がある孤狼の血には

「爆発的なパワーを作品から感じて、生きる力を感じさせる人間の暖かさ」

そんな印象を持ちました

 

そんな孤狼の血を、あらすじから読み進めていきましょう

 

おおまかなあらすじ

 

80年代広島県にある架空都市、呉原市で起こる失踪事件が物語の始まりです

呉原東署の刑事二課の巡査部長・大上:役所広司の元に、失踪した上早稲(ウエサワ)の妹:MEGUMIが捜査の依頼で訪れます

最後に連絡を取ったのは、4月の花見に誘う連絡で、現在は4か月後の8月

 

その後大上は補佐として配属された、広大(作中ではヒロダイと呼んでいます)卒業のエリート巡査・日岡:松坂桃李と共に聞き込みを始めます

とあるパチンコ店に入った大上は、何気なくスロットを打ち始めながら日岡に指示を出します

それは10席ほど離れてスロットを打つ巨漢に因縁をつけること、つまりケンカを吹っ掛けてこいということです

 

実はその巨漢、呉原市というシマ=縄張りを分け合う極道勢力の一つ、加古村組(カコムラグミ)の組員・苗代という男でした

因縁をつけることに成功しますが、日岡をボコボコにした苗代の前に、大上が登場

大上は広島県の極道達には、名実ともに有名で苗代を暴行罪、公務執行妨害等で脅し、失踪についての情報を知っているのではないかと吐かせるために脅します

脅された苗代は落ち着かない様子でした。それは捕まることに恐れているのではなく、他のことに恐れていた

苗代の恐れを見抜いた、大上は即座に笑顔になりそのままその場を去ります

話すことを拒む姿をみて、大上はただの失踪事件ではないと確信したのでしょう

 

失踪した上早稲は高利貸金融の呉原金融で働いており、その大元は加古村組なので、失踪の原因は加古村組にあると踏んで大上は動きだしました

大上が向かった場所はもう一つの極道勢力、尾谷組若頭・一ノ瀬:江口洋介の元へ行き、組織全体のいら立ちを感じます

その理由は加古村組が自分たちのシマで、動き始めているからです

 

その後

尾谷組のシマ内のクラブ・莉子で一ノ瀬と大上が遊んでいる場に、加古村組組長・五十子:石橋蓮司が現れる

開口一番で五十子が一ノ瀬への小言から、小競り合いが始まります

 

広島仁生会系列(ここの漢字がわからず、それっぽいの作りました)の右翼団体に所属する瀧井銀次:ピエール瀧から、お楽しみ中の大上を呼び出すポケベルの音が鳴る

痴話ケンカの仲裁に呼び出された大上は、瀧井とは高校時代からの付き合いがあるので聞き出そうとしたんですね

その後呉原金融でなにかがあったことを知る

 

呉原金融に向かった大上、日岡は門前払いを受けるが、屋内に隠しカメラがあることを確認し一度外にでます

大上独自の強引な方法で苗代達が、上早稲を拉致する映像を手にいれました

その強引な方法に日岡は嫌悪感を見せるが、これぞ当然といった形で大上は気にしない

 

その晩尾谷組のシマであるクラブ・莉子へ、加古村組組員・吉田:音尾琢真が訪れる

好きなように遊ぶ組員を率いていた吉田はクラブ・莉子のママ里佳子べたべたとさわります

店内にいた里佳子の彼氏である尾谷組の組員は、外に出た吉田を襲うが返り討ちにされ、拳銃で射殺される

 

この件を境に呉原市の2大勢力は、バチバチに睨みあう状況が続き、大きな抗争が生まれそうになります

それを収めるために大上は刑務所内の尾谷組長に待つことを申し出たのち、一ノ瀬にも同じ要求をする

一ノ瀬は3日は待つと言い、大上の捜査が始まっていきます

 

見てからの考察

 

 

この章以降はネタバレを含んでおります!

見終わりで読むことをおススメします

 

 

作品の完成度はとても高いと思います

 

久々に長回しのシーンが多く、集中して楽しめました

特に終盤のやっちゃれ会で、一ノ瀬が五十子をやっちゃうシーン

マジックミラーでしょうか?恐らくCGなどではありませんが、その場にいる臨場感を味わえた印象に残るシーンです

 

予算の関係もあるとは思いますが、最近の日本の映画とドラマはカット撮りが多くて集中できません!

あとは役者さんの顔を必要以上にアップで写すこと、さらにそういったシーンが多い

あれは本当に嫌いです

作品で勝負してほしいです。見たいのは作品であって、役者の顔ではないんです

失礼しました。話を戻します

 

つまり長回しは臨場感も出るし、視聴者の意識も引き付けることができるので見ていて感情が入りやすいです

 

舞台の呉原市も完成度が高かった!

 

昭和63年の広島県の架空都市・呉原市が舞台となっていますが、

撮影は実在する呉市内で行われています

監督の白石和哉さんが強く希望されたそうですが、作品のクオリティの高さを支えたポイントとなっていましたね

 

原作と本作品の、終盤は違います

 

孤狼の血には原作があります

三部作となっておりその一作目が本作品の原作です

この原作ができたときに、みなが映像化したいと思ったそうですよ

 

映画では終盤に用意されているシーンでは、日岡のノートへの黒塗りを大上がしますが、

原作では訂正するのは大上ではなく、日岡が自分自身で黒塗りをしていきます

大上の内偵をしていくうちに、日岡の考えが変化していき、最終的には県警に挑むストーリーが原作です

 

なので先ほどあげた、やっちゃれ会で一ノ瀬が五十子をやっちゃうシーンは映画版のオリジナルです

 

大上が死んだとされた養豚場で、狼のジッポーを日岡は手にいれます

ここも違う点で原作では狼のジッポーを持っているのは、初めから日岡で大上のたばこに火をつけています

大上が死んだ場で愛用のジッポーを見つけ、それを日岡が手にいれる

そのシーンでも大上から日岡へと、役目が受け継がれている感慨深いシーンに仕上がりました

 

大上と日岡の信頼関係が、終盤にかけてグッと強くなる

 

最後は大上と日岡の関係性について書き、〆ます

 

大上の元へ配属された日岡の目的は、大上を調べ上げることとノートを手にいれること

つまりそうすることは大上を殺すことと同じだと考えます

 

まるで親に言われて敵を、刺し殺す任侠の世界のようではありませんか?

 

配属理由を知る大上は、使えないと思いながらも日岡のことを無下に扱いません

むしろその逆で最初は広大と呼びながらも、最後の別れのシーンではもう一杯飲みに行こうと誘っています

もし日岡と二軒目に行ったならば、五十子組には行かなかった可能性もあると考えています

日岡も当初の大上のめちゃくちゃな人間性と、仕事のやり方に嫌悪感をみせますが、大上と過ごすうちに変化していきます

 

印象的だったのは前述した、日岡が自分のノートを振り返るシーンです

日岡のノートには大上の捜査方法や組織との関係性が、細かく記録されていました

そのノートが広島県警の嵯峨に渡れば、自分は捕まってしまいます

それを知りながらも、あえてノートを持ち去るわけでもなく、日岡の帰宅を待っていた大上

どんな気持ちで待っていたのでしょう

 

そのうえ自分の仕事を教えるために、全ページに黒塗りして訂正しています

よくできたことには、よくやったという褒め言葉まで

その情景はまるで父と子の掛け合いをみているようで、とても感動しました

日岡にとっては、親が死ぬような心境だったんじゃないでしょうか

 

ようやったのう。ほめちゃるわ

 

結論は大上という人が大好きです

自分を殺してまで、人のために生きるという精神は、現実の世界には合わないきれいごとだとは思います

仮に世界中の人ができたとしたら、結局みんな助かるんですよね

 

今年の2021年8月、孤狼の血 LEVEL2というタイトルで、続編が公開されます

日岡役の松坂桃李さんが主演で、3年後の呉原氏が舞台になっているようです

日岡は大上の後を追い、昇格して戻ってきます

役者の世界では役所広司さんのあとを、松坂桃李さんが継いでいくのかな~とおもいながら楽しみに待っています

 

わたしがめちゃめちゃヤクザ映画が好きと思われそうですが、どちらかというと好きです

なぜなら現代社会のを極道というフィルターを通して映しているんです

極道はハッキリしてますからね

 

広島県警の嵯峨は自分の身を守るために、日岡を自分の秘書にしてやるといいました

あれこそ自分しか考えていないという象徴であり、五十子がやった裏でこそこそ動き、自分は手を下さない卑怯な方法です

その証拠に最後のページで自分が記録されていることに気付くまでは、日岡を呼び止めませんからね

 

わたしはそのようなメッセージ性のある作品が好きです

見た後になにか訴えかけるような映画が大好きです

 

ですが今の世の中は、元気がないという例えをされます

実際に元気がないと言えば、元気がないのかもしれません

時代は常に変化しますし、状況が違うことも関係しているでしょう

 

今後もメッセージ性のある、良い映画が出ることを楽しみに待っています

 

孤狼の血が無料で見れるのは、U-NEXTかAmazon Prime Video

 

お疲れ様でした

さてここまで長々と読んで頂いてありがとうございました

だらだらと続いた文章のあとには、是非『孤狼の血』を見てみませんか?

 

わたしはNetflixでみたので、Netflix会員の方は以下のリンクからどうぞ

 

Netflixで孤狼の血はこちらから

 

そうでない方で、VOD:ビデオオンデマンドサービスは未登録な方は、残念ながら見れません…

というのは冗談ですよ笑

半分本気ですが、その理由はNetflixでは無料トライアルをやっていないから

ちょっと前にやめちゃったんです…

 

でも無料トライアルで見れるサービスがまだ残っています

しかも選べます

孤狼の血が無料で見れるVODは以下の2つ、

手順は3ステップで3分もかかりません

  1. リンクで飛ぶ
  2. 無料トライアルで登録する
  3. 孤狼の血を見る

見終わりで余韻に浸りたい場合は、また戻ってきて読んでくださいね

 

Amazon Prime Videoで孤狼の血をみる

 

U-NEXTで孤狼の血をみる

 

それぞれ30日間は無料でジャンジャン見れますし、もちろん他の作品も見れます

肝心なのは30日間の無料トライアルが終わる前の解約手続きです!

解約方法について解説している記事もあるので、カレンダーに解約日を書き込み、余裕をもって前日あたりには解約しましょう!

 

こちらもCHECK

 

ではごゆっくり『孤狼の血』をお楽しみください

 

最後までお読みいただきありがとうございました

おわり

 

関連記事

「期間無料」VODを登録する前に 無料トライアル106日間

約21万本の映画、ドラマ、アニメを見れてマンガも読めるのはU-NEXTだけ

Amazon Prime Videoなら無料トライアルが終わっても毎月500円だけ

比較で納得】VODを利用するメリットとデメリット

-VOD
-

© 2022 サブスクリプションワールド Powered by AFFINGER5