ハコヅメ~交番女子の逆襲~ーアイキャッチ

書籍レビュー

ハコヅメ~交番女子の逆襲~|1~3巻まで無料

 

この記事はハコヅメ~交番女子の逆襲~の

あらすじをまとめています

 

こんにちは、YMCです

ハコヅメ~交番女子の逆襲~は

読んだことあります?

 

2021年7月22日まで

1~3巻までは、無料で読めるように

なっています

 

\原作はこちらから読めます/

ハコヅメ~交番女子の逆襲~はこちらからどうぞ

 

YMS管理人
1巻のあらすじを解説していきます

ハコヅメ~交番女子の逆襲~は2017年から

モーニングで連載がスタートした

女性警察官の内情をコミカルに描いた

警察日常マンガです

1巻に複数のストーリーが含まれて

いる読み切りスタイルで、とても

読みやすいマンガです

 

ハコヅメ~交番女子の逆襲~|1巻・第1話

ハコヅメ~交番女子の逆襲~ー無料ーマンガ

引用元:ハコヅメ~たたかう!交番女子~|日本テレビホームーページより

 

町山署の交番(ハコヅメ)に勤務する

新人警察案・川合麻衣は新米の警察官

です

 

警察官になった理由は

公務員試験をすべて受けて

受かったのが、警察官だったから......

そんな麻衣はさっそく辞表を手に

出勤します

 

そこへ元刑事課の藤聖子がやってきます

新たな指導員として麻衣と聖子の

コンビが生まれます

 

出勤早々にパトロールに向かう

麻衣と聖子

元刑事課のエース・聖子は

通りすがっただけのおじさんの

靴と荷物に触れただけで

空き巣犯を連行してします

 

相手は80件以上の空き巣をしてきた

大物ですが、元刑事課のエースは

ひるむことなく取り調べをすすめ

空き巣犯を手玉にとります

 

その後2人は安全教室を行いに

近所の小学校まで向かいます

 

安全教室の最後に質問をされた麻衣は

何を話していいのか迷いますが

聖子の一声で、空き巣犯と交わした

取り調べを思い返します

 

麻衣は小学生からされた質問

 

「なぜルールを守らなければいけないか?」

 

について答えました

 

空き巣犯が狙う町は

ルールもなにもない町です

 

例えば子どもが自転車の2人乗りを

していようと、大人が注意をしない

そんな荒れた街を狙うんだと

だからみんながルールを守ることは

町を守ることに繋がるよ

という言葉で締めくくります

 

聖子がパトカーに向かう後ろ姿を

追っていく麻衣

その手には今朝用意した辞表が

ありました

 

しかしその辞表をポケットに

しまい込み、麻衣はもう少し

ハコヅメの警官を続けようと思いました

 

ハコヅメ~交番女子の逆襲~|1巻・第1話を深堀

 

ハコヅメ~交番女子の逆襲~は

解説したあらすじでは語り切れない

“心のこもった、あらすじ”もあります

 

安全教室を頼まれた麻衣は

ぐちぐち文句を言い、やりたくない

アピールを独特な言葉で表現します

麻衣はどことなくおっとりしていて

優しいタイプの婦警です

 

元刑事課のエース・聖子は

その名の通り、移動初日に

大物空き巣犯を一目見て捕まえますが

どことなく天然な部分と

自然なやさしさをもち

超美人ですが、中身は猛獣のような性格です

 

この二人のコンビは連載を進むにつれて

絆を強くし、警察官としても人間としても

成長していきます

YMS管理人
そんな、ハコヅメ~交番女子の逆襲~ですが、2021年7月7日よりテレビドラマ化されました

 

ハコヅメ~交番女子の逆襲~|2021年7月7日にドラマ化!

 

ハコヅメ~交番女子の逆襲~がテレビドラマ化

されました

藤 聖子を戸田 恵梨香さん

川合 麻衣を永野芽郁さん

が演じています

 

原作をもとにしたオリジナルストーリー

で作られていますが、知っている内容が

使われることもあると思います

ハコヅメの最新話はこちらから無料で見れます

 

シリーズ累計発行部数が210万部と

高い人気を示した、ハコヅメは

今までにない「警察日常マンガ」です

 

原作者の秦三子さんのプロフィールは下記です

某県警に10年勤務。2017年、担当編集者の制止も聞かず、公務員の安定を捨て専業漫画家に転身する。

短編『交番女子』が掲載され話題になっていた「モーニング」誌上で、2017年11月より『ハコヅメ ~交番女子の逆襲~』の週刊連載がスタート!

引用元:ハコヅメ~たたかう!交番女子~|日本テレビホームーページより

 

\原作はこちらから読めます/

ハコヅメ~交番女子の逆襲~はこちらからどうぞ

 

最後までお読みいただきありがとうございました

おわり

-書籍レビュー
-

© 2022 サブスクリプションワールド Powered by AFFINGER5